合コン・婚活パーティーに行ってもアピールが足りない!

合コンや婚活パーティーに行っても、なかなか恋人ができない男性がいます。

見た目もさわやかでこれといったマイナスポイントはないのに、なぜかいつまでたっても彼女ができないんです。

そういう人は、「自己アピールが下手」「そもそも自己アピールができない」という傾向の人が多いようです

「自己アピール=自己紹介」ではありません。

自己紹介は合コンや婚活パーティーでは、必然的にプログラムとして盛り込まれています。

お約束事なので自分から進んで行動しなくても、順番が回ってくれば自己紹介すればいいだけです。

そして自己紹介が終わったら、受け身の状態のままで誰かが会話をしてくれるのを待っているだけ・・・こんな男性意外に多いんじゃないですか。

できる男は行動が違います。

大勢いる中で気になる子には、意識的に目を合わせたり、やたらとちょっかいを出したりしています。

飲み物がなくなったらすぐに頼んであげたり、終わった後もすぐにメールを送ったり。

見えるところや見えないところで、意中の女子に対して積極的にアプローチをしているのです。

その点35歳を過ぎても結婚できない男性は、ただただ受け身の状態を続けています。

そしてようやく話し掛けてくれた女性に対しても、普段から女性慣れしてないのでうまく対応することができません。

35歳も過ぎたしそろそろ本当に結婚相手が見つからないと、「ヤバイ」という焦りもあって空回りしてしまうのです。

そんな状態ではすてきな出会いはなかなか見つかりませんので、いろいろ勉強してみることをおすすめします。

合コンや婚活パーティーに参加した時に、積極的にアプローチしている男性の行動や会話をチェックしてみてはどうでしょうか。

自分では思いつきもしなかったような行動や会話をしているはずです。

そのようなことを参考にしながら、自分でも実践するように心掛けましょう。

勉強してわかったつもりになっているだけでは、彼女できません。

勇気を出して行動に移して初めて、女性とのコミュニケーションが生まれるのです。